子育て

介護休暇って介護休業と何が違うの?~家族の病気に使える制度~

家族が長期のケアが必要な怪我・病気・精神障害になった際
介護休業制度を利用することができます!
詳しくは記事にしていますので、介護休業についてはそちらをご参照ください。

今回は似た名前の「介護休暇」とはどういう制度なのかに迫ります!

多くの企業では、正直そんなに使えない制度かな…

介護休暇とは

要介護状態にある対象家族の介護や世話を行うために使える休暇です。

取得期間

1年度で5日間取得することができます。
※要介護状態にある対象家族が2人以上の場合は10日間

半日単位で取ることが可能です

介護休業を取得できる人は?

基本的に日雇い労働者以外は全員対象です。
ただし、労使協定に以下が書かれている場合は、企業は申し出を断ることができます。
(労使協定何?っていうのはすっとばして、規程に書いてあったらくらいに考えてください)

取得できないかも

・入社半年未満
・1週間の所定労働日数が2日以下

対象家族は?要介護状態とは?

この考え方は介護休業と同じですので
こちらの記事をご参照ください。

お金はもらえる?

はい!一番重要な内容です!!

まず、介護休業のような給付金(雇用保険からの支援)はありません。

となると、あとは会社から出るかどうか。
法律上、有給とするか無給とするかは各会社が決めることができます。
なので、自分の会社の介護休業規程を確認してみてください。

大半の会社は無給じゃないかしら……

【まとめ】介護休業との比較

介護休 介護休
日数 1年度に5日間 1家族につき93日間
給付金 なし あり
給与 会社による 基本無給

サイトによっては「5日以下は介護休暇を、6日以上は介護休業を」という説明をしているところもありますが
あくまでそれは「介護休暇が有給だったらば」の話かなと思います。

介護休暇が無給の場合は、正直
「制度があろうがなかろうが、休みますけどねっ!」
って感じで、大概残っている有給休暇を消化するか、なければ不就労にするかなので
無給の介護休暇について正直恩恵がぴんと来ません。
休みにくい空気がある場合は、正々堂々と主張できますよっていうくらいかなぁ……

介護休暇が使えるかどうかは会社次第ですね

元も子もないですが、そんなまとめです。
ぜひ、自分の会社の介護休業規程あたりをチェックしてみてください。