オンラインフィットネス

オンラインマタニティヨガのメリット・デメリット・選び方の体験談!

マタニティヨガをしたいけど、近くにマタニティヨガをしているスクールが無い。
コロナの中、スタジオレッスンに行くのは不安。

そんな想いの妊婦さんは少なくないですよね?

あき
あき
実は私もその一人です!

第1子の時は妊娠中に運動をするならマタニティヨガをやってみたい!
と思ったものの、通院している産婦人科の妊婦向けレッスンはエアロビクス系
近くでマタニティヨガを探したものの、大都市にしかなく、結局できませんでした。

第2子の産婦人科はマタニティヨガをしていたのですが、コロナのため休止。

あき
あき
そんな時に見つけたのがオンラインマタニティヨガでした!
でもデリケートな時期なのにオンラインで大丈夫か心配
くま
くま
ガチでオンラインマタニティヨガをしているあきが、そんな疑問に答えていくぞ
この記事のおすすめ読者

マタニティヨガをしたいけれど、近くにやっているところが無い

オンラインマタニティヨガに興味があるけど不安もある

オンラインマタニティヨガの選び方が分からない

オンラインマタニティヨガはありかなしか

オンラインマタニティヨガ自体は、妊婦さんにとってとても良いサービスだと思います。

ただし、オンラインマタニティヨガのメリット・デメリットをきちんと把握した上で
安全面に配慮した適切なサービスを選ぶ必要があります。

以下ではメリデメや種類・選び方について説明しますね!

オンラインマタニティヨガの種類

オンラインマタニティヨガを2つの分け方からご紹介します。

ビデオ型 or ライブ型

ビデオ型はいわゆるYoutubeのように、あらかじめ作成された動画を見る形式です。
いつでも好きな時にマタニティヨガを出来る反面、当然質問やアドバイスを受けることは出来ません。

ライブ型はオンライン会議サービスなどで繋いで、講師と参加者が双方向のやり取りを行います。
ビデオ型と違い、講師が参加者のポーズチェックを行いアドバイスをしたり、参加者から質問をすることが出来ます。

安全面の観点から私はライブ型をおススメします!

ヨガでは正しいポーズが取れないことで、身体を痛めてしまうこともあります。
妊娠中はとてもデリケートなので、講師から適切なアドバイスを受けられるライブ型が断然おすすめです。

個人型 or 企業型

マタニティヨガに限らず、ヨガ全体的に講師が個人としてサービスを提供している場合と企業提供している場とがあります。

オンラインの場合は企業型が安心と思うよー

個人型絶対NGというわけではありませんが、個人型の場合、講師の能力やプログラムの安全性を担保してくれる存在がありません。

一方企業型ならば、そのスタジオの基準をクリアした講師・プログラムの質がその運営会社によって担保されます。

安全性重視で考えた場合、当たりはずれのある個人型よりも企業型の方がおすすめです。

オンラインマタニティヨガのメリット

私が考える、オンラインマタニティヨガのメリットは以下の通りです!

マタニティヨガスタジオがない地域からも参加できる
コロナで出歩けない中でも出来る
気軽に自宅で出来る

マタニティヨガスタジオがない地域からも参加できる

第1子の時の私はまさにこれ!
関東はまだあるが、それ以外の地域は少ないなぁ…

マタニティヨガをリアルのスタジオで提供しているところは極めて少ない印象です。
あっても東京や大阪などの大都市に限られ、地方都市にはなかなかありません。

しかしオンラインであれば、住んでいる地域に関係なく参加することが出来ます!

コロナで出歩けない中でも出来る

第2子はこれ!
産院もマタヨガクラス休止中だもんなぁ…

2020年コロナ大流行の中で、マタニティヨガを行っている産院でも感染対策として中止しているところは少なくないです。

そんな中でも、オンラインマタニティヨガであれば感染リスクを高めることなく参加することが出来ます。

気軽に自宅で出来る

夏場の妊婦は外出するのも辛いんじゃぁ…

妊婦は歩こうと言われますが、夏の暑さ・冬の寒さの中での外出はなかなか大変です。
電車で体調を崩す妊婦さんも少なくありませんし、雨が降ると足元が滑るのではと不安になりますよね。

オンラインマタニティヨガならば、自宅で参加することが出来るので
そのような心配は一切ありません!

開始5分前までだらだらしてても大丈夫!

オンラインマタヨガのデメリット

オンラインマタニティヨガのメリットをお伝えしましたが
もちろん、オンラインマタニティヨガにはデメリットがあります。

リアル対面ではない不安
助産師が付き添ってるわけではない

リアル対面ではない不安

特に初めてマタニティヨガをする場合、すぐそばに講師がいるわけではない

ちゃんと見てくれてるのかしら…

という不安感はあると思います。

助産師が付き添ってるわけではない

産婦人科が提供するリアルでのマタニティヨガの場合
レッスンの前後で助産師が体調を確認したり、血圧を測定してくれたりしますが
オンラインで自宅で参加する場合は、当然そういったフォローは受けられません。

オンラインマタヨガを選ぶ際の注意点

デメリットも考えるとオンラインでマタニティヨガをするかどうか慎重になるな
次に紹介する点に気を付けると良いと思うよ!

企業型×ライブ型を選ぶ
必ずお試しをする

企業型×ライブ型を選ぶ

安全性の点で考えると、上で書いた通り企業型×ライブ型が安心できると思います。

必ずお試しレッスンを受ける

いきなり入会するのではなく、まずはお試しレッスンを受けましょう!
その際、自分との相性の他に以下の点を確認するのがおすすめです。

レッスンの人数制限があるか確認する

ライブレッスンの人数制限があるかどうか
ある場合、何人まで参加することが出来るのか

この仕組みがあるかどうかを必ず確認しましょう!
というのも、やはりプロとはいえ、一度に見れる人数は限られています。
制限を設けているかどうかで、一人ひとりを見る気があるのかどうかを確認することが出来ます。

10名くらいまでかなーという素人感覚

講師からの声掛け、事前の体調確認があることを確認する

妊娠中の体調・身体の状態は妊婦さん一人ひとり違い、とてもデリケートです。

体調や身体の状態について事前に確認や声掛けがあるか
レッスン中に「お腹が大きい方はこうしましょう」といった個別の配慮があるかどうか

このような配慮・声掛けが講師から行われるか、体験レッスンではしっかりと確認してください。

さいごに

ちゃんとしたところを選ぶことが出来れば、オンラインでも「あきさん、もう一歩足だそう」って声掛けしてくれるからむしろ安心感がある!
あきが入っているSOELUのオンラインマタヨガの体験記もあるからよかったら見てみてくれ
SOELU(ソエル)のマタニティヨガまとめ|臨月妊婦が使ってみましたSOELU(ソエル)のマタニティヨガが気になるけど、オンラインマタニティヨガに不安を感じていますか?私は臨月にSOELUに入会し、出産まで8回SOELUのマタニティヨガレッスンを受けました。私自身ヨガ初心者としてSOELUでオンラインマタニティヨガを受けましたが、非常に安心して受けることが出来ました。この記事では実体験をもとに、SOELUのオンラインマタニティヨガの感想と内容についてまとめています。オンラインマタニティヨガを検討中の方はぜひお読みください。...